FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親からの性的虐待について

虐待について
12 /25 2013
無料掲示板での相談で考えさせられたことです。

相談者は未成年の女の子です。
本来は自分を守ってくれる筈である父親から性的な嫌がらせを受けるという…
これがどれ程、残酷なことか
激しい嫌悪感を覚えるものか
そういう道徳心の欠如した親を持った子供はどう生きていったらいいのか…

立派な一人の尊厳ある人間であるけれど、まだ年が浅い子供。

まずは自分を守ることが先決だと考えます。

でも、その権利を行使した時、
親からの援助は断ち切られてしまいます。

子供にとってはどちらも大損失です。

心正しい親の元で育ちさえすればこんな酷い目に遭わずに済んだものを…
そう思わずにはいられません。

そういう場合は
本人が早く賢く成熟し、自立するしかないのではないかと私はいつも思うのです。
実際にそういう手段で成功した方も実在します。

その能力を身に付けるチャンスをこの世から与えられたと受け止めるしか他に道が無い様に思います。

常に性的な視線で見られる中で、子供としての日常生活を送ることは好ましくありません。
いつ間違いが起こるかわからないし、何も起こらなかったとしても精神的に良くありません。

安全な場所に避難することが先決でしょう。

問題の親が本当に越えてはならない壁を越える人間なのか見極めなければならないとも思います。

改心して行動を改めてくれるならそれが理想です。

でも疑いがある以上、やはりそこでは安心して暮らしにくいのではないでしょうか。

その場合、
親から離れた人生を早い時期に迎えなければなりませんよね。

教育、学歴、家柄、そういうことを考えると、親元を早く離れるということは社会的に非常に不利ですが、プラスの面も必ずあります。

大きな苦境を自力で乗り越える能力は誰もが持てるわけではありません。

人生で大きな成功を収めるチャンスでもあるのです。

苦肉の策とも感じますし、様々な条件も必要ですが、非常に長い目で見た場合、早い自立は本人にとって大きな財産となるのではないでしょうか。

なって欲しいと願わずにいられません。


スポンサーサイト

Cotoyume

「ことゆめ」です。
ことゆめ心理カウンセリング
茨城県 阿見町
所持資格は産業カウンセラーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。