FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛せないことを責めないで

05 /07 2013
大事なのは自分の気持ちを「正当なもの」として認めること

「当然だ」と自分の判断を信じること

愛せないことで悩まないで

愛せないのは当たり前
愛せなくなるいきさつがあったのだから

「愛そう」などと心に無理をさせなくていい

許せない自分を責めないで

許せないのも当たり前
許せないことがあったのだから

「許そう」などと心に無理をさせなくていい

自分のありのままを大切に思いたいじゃないですか

辛い時に優しさを示してくれなかった人を愛することは出来ない

苦しい時に手を差し伸べてくれなかった人を愛することは出来ない

それでいいじゃないか

それはひとつの意味のある物差しだよ

充分苦しんだ自分をさらに鞭打つことなど、もう必要ない

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ことゆめさん、ことゆめブログの常連さん、ツネの登場で~す(笑)
ここにコメントするのは本当に楽しいです。

今日の記事、いいですね!!!
もうそのまま自分のブログに張り付けたいくらいです。

>辛い時に優しさを示してくれなかった人を愛することは出来ない

そうなのよ!それってすごく大切なこと。
辛い時に優しさを示してくれなかった人は愛せません。
昔の私は、それでも愛さなければならない、と勘違いしてたけど、
それは大間違い。
心優しい人々よ、ことゆめさんやツネのもとに全員集合!!(笑)
そのほうがぜったい楽しいし幸せになれること間違いなし!

>苦しい時に手を差し伸べてくれなかった人を愛することは出来ない

共感で~~~す!!!

>それはひとつの意味のある物差しだよ

ずいぶん昔に見た夢の話をしますね♡♡♡
学校の行き帰りに歩いていた浜辺に私好みの、
ブルーの小花模様が描いてある物差しがいっぱい捨ててあった。
夢から覚めてあと夢分析をしました。
「自分の大切な物差しを捨ててしまっている」事に気がつき、
自分の正直な気持を大切にしなければいけないなあ、と思った次第です。
辛いときに優しくしてくれなかった人はいりません(笑)
悪いの悪いのどっか遠くに飛んで行け~~~!!!

ツネさんに解って貰えてとても嬉しいです。

少し前に愛を育てること、「愛は技術」という話していたので
今回のはそれを思うと我慢が足りない様で、ちょっとお叱りを受けるのでは…と思っていたのです。

でもやっぱりこの事も通じて貰えましたね。

そして、ということは、やっぱりこっちも相当乗り越えてこられたということなんですよね。

このことはよく夫婦の問題などの相談で出てくると思うのですが、
辛い時にこそ優しくしてもらいたいのに、逆に「お前が悪かったからだ」責められたりして、相手のことを信じられなくなるし許せないし、愛せない…ってことに繋がるんですよね。

しかもそれが毎回繰り返されてしまうと…

どんなに身近な家族でも同じことですよね。

「昔の私は、それでも愛さなければならない、と勘違いしてたけど、」

私もこれ、まさに!です。
「愛せなかろうが、無理矢理にでも愛さなきゃいけない!」
って思い込んでいました。
その間違いに気付いてさえいませんでした。

でもそれじゃあいつかおかしくなってしまいますよね。

お花模様の物差しの夢、とても象徴的ですね。

自分の大切な物差しを捨てては駄目ですよね。

共感してくださって、今回もとても嬉しくてありがたいです。

我が子を愛せないを通りすぎ、夫を愛せないも乗り越えた

母を愛せない
幼いころ母からつねられたりののしられた
私のこどもたちにまで、あなたたちのお母さんは勉強はできたけど全然お手伝いしなかったと、事実と違うことをふきこんでいた
父が心筋梗塞で入院した時、子どものことですぐにかけつけられず1、2日遅れたのを根にもっていて、他の妹弟たち三人も怒っていたと、自分の主張を補強する
実際は妹弟たちの誤解はとけているとは思う
私のなかにある父に似たところを否定されて育った
父に対する不満が私に向けられていた
若く未熟だった母は父の母親や身内からいじめられていた、その辛さを一番見てきた私

孤軍奮闘で大変だったねと言いつつ、こんなひどい傷を私につけていたと、具体的に言ってみたけど、そうだったんだごめんねの言葉はなかった
全然覚えがない、やめてくれと、
作り話なんかできないよ

父が亡くなるまでの数年間、ぼけてきた父に仕返ししたんじゃないかな
もっとお父さんに優しくしてあげればよかったと私には言うが、
主人のお世話をしてきましたが何一つ優しい言葉をかけてくれなかったんですと、必ず他人には言ってる
ぶっきらぼうだったし、最後何年間はほとんど目がみえていなかったぼけてしまった父
世話の限界超えてた母と弟

母のなかには、理想通りでない、私らしいよさを全くうけいれないかたちでインプットされてる私
妹が違うよと修正してくれても書きかえない
ひょっとしたら、母ぼけてきた?
いや、元々未熟で依存心強かった

母のこと愛してきたのに距離をおきたくなった

心苦しいです

頂いたコメントに私が感じたことを書き始めたら、物凄く深まってしまいました。

そこで気付きました。

これでは精魂込めたカウンセリングになってしまうな…と。

以前もことゆめ掲示板で同様なことを感じました。
あの時も物凄く時間とエネルギーを注ぎ込みました。
でも結果的に削除をご希望されたので消してしまいましたが、あの後全身から力が抜けてしまいました。
あれは私にとっては血と汗と涙の結晶の様な作品だったのです。

そして思い悩み決めました。

私はこの場所でカウンセリング的なことをしてしまう訳にはいかないということを。

もしそれをしたら、キチンと有料で申し込んでくださっている方に対して申し訳がありません。

私のケジメの無い態度がそうさせてしまっていることがよく解るので、本当に申し訳ないですし、心苦しいのですが、ブログは雑談の場であって、カウンセリングの場ではありません。

そして、これはメールでもそうなんです。

これは水色の海さんとのやり取りをきっかけに表明すべき事に気付いたので、
水色の海さんだけに伝えていることではないので、ここでお話してしまいますが、ごめんなさい。

やはり正式に申し込みをしてくださっているお仕事を優先させない訳にはいきません。

私はカウンセリングを生業にしていくつもりの人間なのです。

「悩み相談という人助けを、お金を頂いてするのはどうなのか?」

と思われるかも知れません。

でも、そこにはそうするだけの生きてきた経緯があります。

私も体力に自信が無い中で、限られた時間とエネルギーを必死にやりくりしています。

冷たいと思われるでしょう。
これを書くまでとても悩みました。
でも私の選んだ仕事のやり方はこうなんです。
この仕事をやると決めた時からたとえ格安でも有料で請け負うことは決めていました。

世の中には無料相談も沢山あります。

どうかお察しください。

申しわけありませんでした

あの時も物凄く時間とエネルギーを注ぎ込みました。
でも結果的に削除をご希望されたので消してしまいましたが、あの後全身から力が抜けてしまいました。
あれは私にとっては血と汗と涙の結晶の様な作品だったのです。

こちらこそことゆめさんにこのようなコメントを書かせてしまい、
そのうえ応援の真逆をやってしまい、申し訳ありませんでした。

こちらこそすみません

あんなに冷たいコメントを出したにも関わらず、お返事を頂けるなんて。
思ってもいませんでした。ありがとうございます。

私がプロとして未熟でした。

水色の海さんは私にそれを気付くきっかけを下さったのだと思います。

応援の気持ちがとてもありがたかったのは真実です。

私の弱さから出たことに付き合わせてしまってすみませんでした。

まだまだ勉強の途中です。

コメントを心から感謝します。
勇気を出してくださって本当にありがとうございました。

Cotoyume

「ことゆめ」です。
ことゆめ心理カウンセリング
茨城県 阿見町
所持資格は産業カウンセラーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。