FC2ブログ

美しく見えることが、正しいとは限らない

ご相談の掲示板で
01 /29 2014

美しく見えることが、正しいとは限らない

今回、相談に答えながらこれを感じました。

世の中は人に美しいことを求めます。
そして、いつの間にかそれが進み、美しい行いや感性を人に要求してしまいます。

でもそれは新たな苦しみを作り出すことに繋がってしまいます。

美しい行いの強要はまだいいのですが、
美しい感性や心根までも強制されたら、これは問題です。
心を不自然に縛り続けることになるからです。

例えば「許す」ということについて見てみます。

何か嫌な事をされて許せないでいる人が居るとします。

世間はその人に「もう許しなさい」と言います。

でも、許せないのは何故なのでしょう?

許し難いことをした者がいたからではないでしょうか?

その事実はどうなるのでしょうか?

自然に許す気持ちが湧いてくるのは素晴らしいことです。

でも、誰かが無理矢理許すことを強制してはならないと思います。

何故なら「許す」は感情だからです。

感情は強制されるものではありません。

自分の心に無理を強いていないか
時々気付いてあげたいものですね。

   ことゆめ
 
スポンサーサイト



Cotoyume

「ことゆめ」です。
ことゆめ心理カウンセリング
茨城県 阿見町
所持資格は産業カウンセラーです。