FC2ブログ

重症アトピーの過去

アトピーについて
02 /27 2014
 私は超重症のアトピーでした。

どれだけ重症だったかというと、
全身湿疹で、さらに表皮が剥けて普通の人には解りづらいと思うのですが、膿というか「滲出液」というものなんですが、水がダラダラと出て、それが完全に止まるまでに何ヶ月も掛かるんです。
そしてそれがようやく乾燥すると今度は松の木肌の様に分厚くボロボロと剥がれ落ちたりします。
そしてまた滲出液が出続ける…を繰り返します。

そして身体は衰弱して動けず、寝たきりになります。
そんな中でも湿疹は活動し、激しい痒みで睡眠や静かに過ごすことさえも奪います。

食事も食べたものは炎症に回り、身体を作る方に回らずやせ細って骨も皮ばかりになります。
体重が36kgまで落ちた時には、それまであって当たり前だった筋肉の存在の大きさを感じました。

どうしても必要があって衰弱した体に鞭打って外に出ると、すれ違う人からは驚かれて振り返られる程の姿です。
身体が弱っているので長く立っていられなくて、買い物のレジでも待てずに疲れて座り込んでしまいます。

髪も随分抜け落ちますし、眉毛もなくなります。
皮膚は硬く腫れ上がっています。
顔の表情は作れません。
皮膚が乾燥していて動かせないのです。
だから無表情で硬いお面をかぶっているようです。

手もグーやパーが出来ません。
乾燥した皮膚が硬くぶ厚くなっていて、動かすと関節の所でひび割れるからです。

薬が段々効かなくなり
でもその薬を1日も欠かすことが出来なくなり
更に薬の種類が増え、
悩みに悩み、薬を全て絶つことにしました。

脱ステ、脱プロ、脱保湿というものを敢行しました。
(脱ステは過去に2回経験していて最後は3度目でした)

10年もの間耐えに耐え、そこから少しづつ這い上がってようやくここまで来ました。
いいえ、10年というのは最後の大山で、こういう時期はその前にもあったので
比較的いい時の波も入れたら苦節何十年です。

そして今…
私は毎日、何の薬も使わずに生活出来ています。
買い物にも行けますし、たまにアスレチックにも行けますし、キャンプにも行けるようになりました。
強い薬を使っても酷かった過去の凄まじい状態から考えると奇跡と言っていいと思います。

★ここに追記します。
良くなった時期の後、悪化の時期も迎えます。
完全に手放しで良くなったとは言えないようです。
残念ですが継続して頑張ります。
(2016.2/6)

アトピーで苦しんでいる方に確実に共感出来ます。
何と言っても経験者本人なのですから。
心理のプロでここまで酷い状態の経験者というのは、そう多くないと思います。
だから一度しっかりとお知らせしておきたいと思いました。

人から見た目で差別されることの辛さ
今は見た目重視の世の中だと思います。
お洒落するのが当たり前という風潮…
その中でこれは本当に辛いです。

動きたくても動けない苦しみ

自分では良くなってきたと思った時に受ける
自分の評価とは全然違う言葉や態度の衝撃

薬などで簡単に治るものだと思われて
「何故いつまでも治さないの?」と思われる悔しさ

心理のプロが自ら体験した全てを総動員して共感します。

こういう私でなければ理解できないこと、
こういう私だからこそお役に立てること、
それがあると経験上強く実感しています。

   ことゆめ

 
スポンサーサイト

感謝とは…

ことゆめの思いと想い
02 /21 2014
よく「感謝することが大事」と言われたりします。

確かに感謝は素敵な感情ですが、人から圧力を掛けられてするものではありません。

単なる「感謝しろ」という命令になっては却って駄目だと思うのです。

自由であるべき感情にそんな強制は後々却ってマイナスになります。
心への負担が溜まります。

なので、そうではなくて

自分の成り立ちを知ることから始めるといいと思うのです。

子供の頃とかではありません。
もっとずっと昔へどんどん遡っていくのです。

この地球上に生命として存在することから考えます。

空気があって、水があって、温度があって…

そういうところから

この宇宙があって良かった
空気があって良かった
水があって良かった

人間が誕生して良かった

生まれることが出来て良かった

今まで命が続いて良かった

私は思うのです。
人が自然に

「良かった」「嬉しい」「楽しい」

と感じること

それが感謝の源なのだと。

   ことゆめ

「やる気出させます!」の続編

仕事への思い
02 /19 2014
「やる気出させます!」
の記事に思いのほかいい反応が貰えたので、さらに書き足すことにします。

(これとは別にブログを持っていますが、そちらでも同じ内容を載せています)

私はカウンセラーですが、カウンセラーにも色々なタイプがあります。

私の場合は昔から、特に意識はしていなくても「やる気を出させてしまう」傾向があったようなのです。

この傾向は人が後から作った資格などでは測れないと思っています。

専門的な勉強をすることは勿論必要ですが、「心根の部分では」また別です。

この傾向が出るのは目の前で悩んでいる人に「なんとかいい方向に行ってほしい」という気持ちが自然に湧くからなのだろうと思います。

技術は長いことやっていると磨かれます。
でも芯の部分での想いは、その人の本来持つ本能的なものなのであまり変わらないのではないかと思います。

目の前で、自分が共感出来る人が、行き詰まって悩んでいたら、
その人がなんとか乗り越えられるようにという意識が勝手に動きます。

それが伝わって自然に本人の奥にひっそりと眠っていたやる気が呼び覚まされてくるのだろうと思います。

だから
「やる気出させます」と言っても、心底全くやる気になどなりたくない誰かを連れて来て
「この人にやる気を出させてください」と言われても難しいでしょう。
勿論キッカケ次第なので、うまくいく場合もあるかも知れませんから機会があれば挑戦はしてみたいですが。

それでもやはり、本人が
「やる気出したいなー」
「でも、出ないなー」
「頭ではわかっているのに」
と思っている場合は、とても効果的だと思います。

私のやる気の出させ方は強引な力は使いません。
「いつの間にか自然に」という緩やかなものです。

   ことゆめ

やる気出させます!

やる気
02 /18 2014
やる気を出したい方へ

  やる気出させます!

やらなきゃならないとわかっているのに気力が湧かなくて困っている…

ありますよね、とてもよくわかります。

気は焦るし、そんな自分が嫌になってきます。

それが繰り返されると、やらなきゃならないことを考えるのも嫌になってきます。

そんな時は、
やる気が出ない原因を突き止め、
それを解消させ、
やる気が出るようにサポートします。

一度お試しください。

   ことゆめ

厳しいかも

ご相談の掲示板で
02 /05 2014

掲示板では厳しいかも…と思う回答になってしまうこともあります。

直接お話を伺っているわけではないのと、公の場なのでハッキリした表現になり易いのです。

でもそれは同時に、それを伝える私自身への言葉にもなっています。

そんな背景にある思いを
なんとなくでも感じ取ってもらえたら…と願いを込めています。

 

Cotoyume

「ことゆめ」です。
ことゆめ心理カウンセリング
茨城県 阿見町
所持資格は産業カウンセラーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。